「勉強の仕方」シリーズ1

 

札幌進学ガイドをご覧いただきましてありがとうございます。
当サイトは、札幌と近郊の高校についてよく知らない方や塾や家庭教師の指導を受けていない方を想定し、札幌と近郊の高校受験について最低限知っておいてほしいことや役立つ情報をまとめています。

 

このページでは、無料メルマガ「サポートメール」の記事の中で、
モニターの方から特に良い評価を頂いた記事を紹介します。

 

「サポートメール」は、月に2回、「勉強や受験に関する様々な情報」を配信する無料メルマガです。
例えば、期末テストや模試などが近づくと、日程や申し込み期日をお知らせしたり、勉強に関するちょっとしたアドバイスなどをお伝えします。

 

今回ご紹介する内容は「勉強の仕方」に関するもので、
第1回の「勉強の仕方がわからない理由」です。

 

「サポートメール」についてご存知ない方は、
『無料メルマガ「サポートメール」について』のページをご覧ください。
登録方法についてもわかりやすく説明しています。

 

「勉強の仕方」がわからない理由

勉強の悩みはいろいろだと思いますが、1番多いことは何だと思いますか?

 

それは「勉強の仕方」
もうダントツです。

 

実はこれは大人も同じ。

 

例えば、英検や簿記などの資格試験について検索すると
試験の情報よりも、勉強方法や合格体験記が多く出てきたりします。 

 

「無敵の勉強法はコレ!!」…ってお伝えしたいのですが、
それは乱暴な話なので今月と来月で、順を追って説明したいと思います^^

 

 

では今回は、
「勉強の仕方がわからない理由」について深掘りします。

 

最初にざっくりした答えを言うと、
一口に勉強の仕方と言っても「目的」によって複数あるからです。

 

 

勉強の仕方が複数あることを知らないと…

 

「テストが近づくと、何をしたらいいか分からなくなる」
「テスト範囲の勉強が終わらない」
「わかっているのに、テストの制限時間内に解けなかった」
などということが起こります。

 

例をあげて考えてみましょう。
中学生の勉強の目的を丁寧に分けると、下の5つになります。

 

@授業の予習・復習のための勉強
A定期テストのための勉強
B学力テストや模試のための勉強
C終わったテストを復習するための勉強
D高校入試の勉強

 

受験生は「だから忙しいのか!」と納得するかもしれません。

 

しかも、テスト前はこれらが同時進行になります。

 

例えば、
定期テストの前は@とA
定期テストの後は@とC
中3の今の時期は@とBとCという具合です。

 

そう言われると、平行して勉強していますよね?

 

ところが!
何もしなくても高得点をとれる人が一定数います。

 

周りからは、何か特別な「勉強法」があるように見えます。

 

しかし、その人達は生まれつき
「理解力」と「記憶力」が優れているだけです。

 

「教科書を読むだけ」「授業を聞くだけ」で充分。

 

上の勉強法@もする必要がありません。

 

以前こんなことがありました。
小2の男の子を指導した時のこと

 

「次回、漢字テストをするから練習しておいで」と伝えると、
「どうして練習するの?見たら覚えるから練習しない」と言われました。

 

試しに、漢字がびっしりと書かれたページ見せてテストをすると
確かに満点でした。

 

「覚えるために復習する必要がない」のです。

 

程度の差はありますが、そういう人もいるのです。

 

つまり、特別な勉強方法はないのです。
あるのは自分に合う「工夫」です。

 

ここで
「勉強の仕方が分からない理由」をまとめます。
1.改めて考えたことがない
2.勉強の方法が複数ある
3.時期によっては、勉強方法を平行しなくてはならない
4.何か特別な方法があるように見えてしまう

 

いかがでしたか?
10月号では、具体的な勉強の仕方をお伝えします。

 

…でも、
具体的なことを早く知りたい人もいると思いますので
最後に勉強のコツを1つだけ、一緒に確認しましょう〜!

 

「勉強の時間を決める」
例えば「部活のない日は、午後7時半から2時間必ず勉強する」と決めておく。
決めると、スムーズに始められますよ!

 

ぜひ試してみてください〜

「サポートメール」のモニターの感想

 

「勉強の仕方」なんて漠然としていましたけど、

読んで「言われてみたらそうだよね!」と、すごく納得です。


 

他にメルマガを取った事がないので比較できないんですが、区切りに写真が合ったり文字の色、太さの違いがしつこくなくてスムーズに読めました♪

 

興味ありまくりの内容です!

 

高校の情報も、自分が全くチェックしていない学校を

知るきっかけになるので有難いです。


 

親として迎える受験は、自分が経験してきた受験とは全く違って

心配でいっぱいです。
当たり前ですが、時代も違えば、私の場合は場所も違うので、
少しでも情報があると安心できます。


 

*無料メルマガ「サポートメール」の登録はこちらから簡単にできます。

 
トップへ戻る